読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

karuna's story

高機能自閉症スペクトラム。感覚過敏。欧州育ち。サードカルチャーキッズ。シャーマン。カードインスピレーション。夢使い。

発達障害あるある①「そんなこといったら私も発達障害だよ。」の巻

別に次があるわけではないけど、ありそうなので①とつけてみた。

とてもご無沙汰している人に街でばったり会って声をかけられた。

お互いに近況を少し報告しながらも、主には私の最近の息子との話になった。

その流れで「実は親子で発達障害だったんだということがわかった」と

カムアウトした。

すると相手は「えー」と信じられないというような表情になる。

こういうところがしんどいんだ、とかこだわりが強いんだなどと少し具体的な話をすることになる。

「そんなこといったら私も発達障害だよ。」とその人はいった。

げんなりする。

とにかく私が言語能力があり、高機能な部分があるので信じられないのだろう。その人の「発達障害者」もしくは「自閉症」の人のイメージと私は全く噛み合わないのだろう。息子のことも、おなじような感覚なのだろう。

でもその反応が当事者にとってどれだけ傷つき、げんなりとした気分にさせるか、その人はきっと想像もつかないだろう。

息子の思春期についても、「15歳はいろいろある年齢だしね」と一般化されてしまうことにこれまでもどれだけ歯がゆく、孤独な気分になっただろう。

自分にも偏りがあり、そして息子にもあり、その上でホルモンの変化や成長に伴う思春期があり本当に大変なのに。

それは専門家であってもわからない。現場で当事者とともに励まし、サポートしてくれる人たちはまだ想像がつくので反応が違う。その独特な辛さを理解されていると感じる。その人たちが「私もそういうところありますよー。」と言ってくれることには安心感さえ感じることもある。

多分、「私もそうだよ。」という言葉の裏に、

「なんでも障害を理由にするのは思い込みなのではないか。」という気持ちや

「だれだって多少の生きづらさはあるよ。」という、みんな大変です的な同調圧力

私を障害者としてどう扱えばいいのかという未知なるものへの抵抗感とか戸惑いとか、まぁいろんな気持ちがあるんだろうけど、それは全てその人の問題を投影されているので私はただ不愉快で困るだけなのだ。

そういう雰囲気と反応になると、こちらはなぜか一生懸命に説明をするような話になる。どんどん自己開示しなくてはいけなくなる。そしてドツボにはまっていく。

言うんじゃなかったと思う。

「こんどゆっくりお茶しようねー。」といって別れたけど、

絶対に疲れるのは目に見えている。

 

運良く、その直後にお世話になっている発達障害の相談室で面談があったから聞いてもらえた。ご自身も発達障害だという相談員の先生は、一緒になって不愉快さをあらわにしてくれた。「よくあることだし、それは当事者にとってはとても傷つく。この大変さを一緒にされたくないという気持ちになる。だから、そういう人とは物理的に距離をおきましょう。でないと傷つくし疲れてしまいますよ。」と

現実的なアドバイスをくれた。

 

私はなかなか断るということが難しいので、こういうルールのような具体的な方法で示してくれると、感情は特性と性格からくるものだと理解できて扱えるようになる。

こういうタイミングのよさは、私は自分の強みのほうの特性だと思っている。

 

「私もだよ。」という心理は、きっと異なるものへのエッジ(抵抗感、不安)をカバーするために共通点を探してつながろうとするという心理の働きかもしれなけど、わかりっこないんだから、「聞いてもいい?」と具体的に質問してもらったほうが楽。

そして「そうなんだね。」とわからないなりに受け止めてくれたほうがよっぽどありがたいのだ。

 

 

「シンクロ」は自然現象として捉えるべし

 久しぶりにカードをひいて写真をとってブログを書くという一連ができる瞬間。

カードを手にしたらめに入ったのかこのカード。

でもしっかりとシャッフルしてひいたのも、このカード。

答えは自分の中にすでにあるというもの。

 

f:id:karuna_bliss:20170323163021j:image

 

そう。

実はちゃんと私たちは答えをわかってるんだということをなぜ最初から信じないのだろう。なんども確認したがるし、シンクロが起きたら変にはしゃいで、大きな意味を持たせようとする。

「仕事」を書いたあとにきたクライアントさんもそうだった。

自分の「不思議体験」を過大解釈したいのに、そういうそぶりは見せずに専門家から太鼓判をもらおうとする。あなたは特別だ。あなたは能力がある。あなたはスペシャルだ。と。

もうほんとうにあのめんどくさい演技はやめていただきたい。

シンクロニシティは宇宙の自然現象。

こちらが閉じていなければいくらでも起きるし、起こすこともできる。

それが大したことだという風になってしまうとエゴが起動する。

 

答えは自分の奥底にある。

私たちは全て知っている。

 

 

 

仕事とは…

昨日、今日と朝から晩まで仕事。

私の仕事は人々に意識という気づきの光を内なる世界に照らしていく作業。

闇の中にダイブ・インして、その深海からその人にとっての豊かな宝を持ち帰ってくる、無意識という海へのダイビングインストラクターのような仕事だ。

仕事をしていると錯覚を起こしてしまうことがある。

まるで自分の力のような錯覚だ。

私の手を使うけど、それは存在の仕事を手伝っているだけ。

私はパイプ。ロールモデル

私が何かをするというよりも私は私らしくいることを表現し、

そしてみんなが自分らしくいることを勇気付けていく。

その結果、その成果は私のものではない。

それは私の責任ではない。

天に任せっきりで怠けるのでもなく、

責任を背負いすぎて頑なになるのでもなく、

精一杯やるべきことはするけど、責任やコントロールは私の仕事ではない。

そんなことを教えてくれるカード。

 

「教えるのではない。分かち合いなさい。」

というマスターの言葉は私が「先生」ではなく、対等な仲間。

少しみんなより経験が多く、乗り越えてきた困難により学んだこと、どうすればいいのか知っているだけ。気づき、という領域について。

「それを分かち合いなさい、そしてあなたもその場から学ぶだろう。

受け取るだろう。」

この言葉がどんなに私を自由に、豊かにしてくれたことだろう。

 

 

f:id:karuna_bliss:20170319090053j:image

 

そして恩師はいつも私に

「何者かになろうとしないでいいんだ。」ということを言いつづけてくれていた。

リラックスして、エンジョイして、フルに今を生きろと。

亡くなった彼女の作品

f:id:karuna_bliss:20170319090109j:image

 

 

「死」が次々とやってくる

アフリカの同級生がもうすぐ亡くなるという話の次は、

先月息子が死んでしまったという電話だった。

 

ちょうど、友人の大学の研究室に打ち合せという名目で遊びに行き、これまでの怒涛のプロセスをひととおり聴いてもらって、そしてお互いが死や生について語っている最中に電話がなった。

携帯の画面に映し出された名前は

すごく久しぶりにみるものだった。

きっと何が緊急事態が起きたのだろうと直感的に思った。

 

「ごめんね突然…息子が死んじゃった〜」

久しぶりに聞いた彼女の泣き声は息子が白血病で1年半の闘病生活の末、亡くなったとつげた。

 

スピリットはそばにいるから。

ひとまずは沢山泣いたらいいよと伝えてきった。

 

人の人生という名の旅は本当に様々だ。

子の反抗期で悩んでから息子が亡くなったという知り合いはこれで2人。

ここ2週間で死についての知らせは3件。

今をちゃんと生きてるかい?と存在に問われてる感じがしてならない。

 

打ち合せのつもりがおしゃべりで終わってしまったのだけど、親友と一番好きなイチゴタルトを食べながらのシェアリングは今必要な時間だった。

生きている者同士、支え合っていくことの大切さ、分かち合える喜びを満喫してきた。

 

 

 

 

 

f:id:karuna_bliss:20170316161629j:image

全てがゲームなのだ。

南アフリカの海に潜った恩師が亡くなって2週間。

今日は別の南アフリカの友人がガンでもうすぐ亡くなるからメッセージを送ってほしいというクラスメイトからメールがきた。もうすぐ死を迎える友人は私が唯一あのクラスで安心できる人だった。連絡をくれた人は私が最も苦手とする人からだった。苦手なんてもんじゃない大嫌いでたまらない人だ(苦笑)。

 

南アフリカ」という土地と「死」「別れ」というプロセス。

なんなんだろう。

あまり落ち込む前にカードを一枚。

こういう時はやはりマスターのカードに限る。

PLAYのカード。

あまり深刻になりすぎないこと。

全てをゲームだと思いなさい、というカード。

その役をしっかりと生きながらも、それがあくまでもこの世のゲームなんだということに気づいていなさいというメッセージ。

 

f:id:karuna_bliss:20170315221547j:image

 

ゲルマン文化で育った私はとても真面目でシリアスになりがちだ。

なんでも暗く、硬く、狭くとらえて追い詰めてしまう傾向がある。

「life is to beautiful to be taken seriously!」というOSHOの言葉がある。

本当にそうだと思ってリマインダーとしてサニヤシンになった。

でもやっぱり暗く、シリアスに、ネガティブに考える思考の癖はなかなか治ってくれない。もっと軽く、明るく、ポジティブにいけたらとヘラヘラして楽しそうにしている他のサニヤシンをみると思うけど、しかたがない。これが私だ。

 

でも私の中ではだいぶ深刻なドツボにはハマらなくなってきている部分も育ってきている。今日は冷やしておいたcarl Jungのノンアルコール・スパークリングワインのミニボトルで一人で乾杯することにした。

 

YES to life.

生に乾杯。

死に乾杯。

 

f:id:karuna_bliss:20170315235631j:image

ただ、楽しむ。

最近のドリーミングは、ドリーミングウェイというタロットたちに向けられている。

いろいろなものにドリーミングがあって、これまでもいろんなものを買い込んでしまっている。これは発達障害の特性だと言われたのでそういうことにしておこうw

でもそれだけじゃなくて、なぜそこに惹かれるのかというワークはすることができる。

無地のノートは、書きたいというドリーミングだった。

カバン類は新しい出発、さっそうと外に出る、フィット感、などだった。

マスキングテープはクリエイティビティだった。

さて、そして今度のカードたちは?

とても惹かれたカードにまた出会い、我が家にやってきた。

が、同時に勉強用の本も買ってしまう。

学習欲は高いほうだが、難読症なので本を買うのはリスキーなのだ。

それに、せっかくドリーミングが立ち現れていてワクワクしているカードなのに、リーディングをしようとすると解説を見てしまう。

ワクワクの質がなくなり、真面目で堅苦しいものになる。

数秘術の条件付け3の典型だ。それが切り替わるのがわかってしまっているだけ。

でもそれはまるで呪いのように、解けない。

ついついそうしてしまう。呪いなのか催眠術なのか、洗脳なのか。

でもそれも自分で言い続けるとそれは枠組みになるので、ただ気がついてだけいることにしよう。なのでそれ以上はもうこのことは書かない。

 

勉強の本も含めてワクワクはしているのでただ完璧を求めずに楽しもうと思う。

 

f:id:karuna_bliss:20170315015309j:image

 

そもそもタロットは裏にして引くものだけど、

そうじゃない楽しみ方もあるんじゃないかと。

そういうのも許していきたいと思う。

 

いろいろと好きなカードがあったけど、今日惹かれたのはこれ。

 

f:id:karuna_bliss:20170315015259j:image

 

水瓶座だということもあり、水が描かれているのが好きだ。そしてこの勢い。このカーブ。萌える。

水は感情。感情が揺れ動く。溢れ出てくる感じ。カップはそれをホールドしている。

慈悲。

それだけじゃなくて、白い間が好きだ。

スペース。白いカンバスのような。可能性を秘めている。

 

今日は午前中から仕事のミーティング。12月までの予定がびっしりと決定された。

これはスペースがない感じがした。けど企画業はこれくらいじゃないと回らないのでしかたがない。

そのあとは人との約束がキャンセルになり、少し余裕をもって昼ごはんを作ってあげられてラッキー。全てがうまいタイミングで整っていうことを改めて実感。

そして午後はセッション。

手強い相手には瞑想が一番。というか、もう瞑想しかない。

セラピーのようなdoingは有効な場合と無駄な場合がある。今回は後者。

気づきという意識の光を闇の中に当てていくこと。

ただ、それを受け入れてYESを言っていくこと。

感情は感じていると過ぎ去っていくものなのだ。

それはまるでこのカードのように、波を打つけどじっとしていると静かになる。

そしてマインドが刺激するとまた波打つ。

そんなもんなのだ。

それ以上でもそれ以下でもない。

そこに意味や出口や解決策などを見出そうとするから苦しくなるのだ。

じっとしていれば収まるのに。

 

そのあとは銀行という現実に一瞬もどってから倒れている友人のケアに。

話を聞いたりタッチをしたり。

人がいるとエネルギーが動いていく。

一人じゃないことが希望につながる。

 

夜は久しぶりにがっつりと料理。

料理は手を動かすし、瞑想になる。体が整っていくのを感じる。

 

夜は友達からオーラソーマの誕生ボトルについて教えてもらった。

ゴールド。中心にあることと、先を見る力とのバランス。

ゴールドの補色がロイヤルブルーなので、叡智と直感の人。

鋭くて深い洞察を持ってる。

ということらしい。

 

 

B032 ソフィア Sophia 内なる真理を分け与える

幻想を乗り越え、「絵空事のような」考えから離れて、もっと現実に根ざしたスピリチュアルな目標に目を向けられるようにします。また、私たち人類は大いなる創造力を持っている、という考えを伝えます。はっきりとした精神的な指針を与えます。精神的にストレスを感じた時に、緩和させるのに役立ちます。足踏み状態の後に飛躍的な発展をもたらします。母親に関する問題を解決し、ハートに関する問題についても明晰さをもたらします。

 

f:id:karuna_bliss:20170315021244j:plain

信頼して大いなる存在に身を任せる。

昨日の深夜にやっと大きな流れがひと段落。

今日は1日休んでいた日。

子も同じく。昨日の同窓会で疲れたのだろう。ずっと寝ていた。

親子で発達障害。本人たちも忘れてしまうくらい気づかないけど特性はバッチリある。

こういう時にしみじみとそれを感じる。

・・・・・・・・・・・・

 

今日のカード考察。

カードの解説書を読むと、

「安心できて心地の良い恋人やソウルメイト、メンター的な存在を欲しがってる」

的な意味合いになる。

 

f:id:karuna_bliss:20170314014507j:image

 

もう少し深くリーディングしてみると、恩師が亡くなって2週間弱なわけだけど、早くも誰か師匠を探しているマインドに気づく。

また、恩師から受け継いでいる学びなどをどうすれば次に分かち合えるかということばかりを考えている。

 また、自分流のリーディングに従うと、男性のカードは何かを求めている。探している。形容詞のカードには家のカード。安心やバウンダリー、自分のスペースなど。

自分の内側とチューニングすると、自分の心地よ居場所や家族とどうすれば心地よく過ごせるようになるのかという答えを熱望している。探している。関係性のレベルでも個人の内なるレベルでも、安心できる場所を必要としている。でもマインド的には外とのつながり(恩師の弟子の関係性について)や家族との関係について考えてばかり。

そこでマスターからのアドバイスとしては、

「個人的なゴールを持っていると、緊張があるためにawarenessは狭くなる。リラックスして信頼して存在が運んでくれるのを許していくこと。」というもの。

 ↓

 

f:id:karuna_bliss:20170314014511j:image

 

私は先々が読めてしまう。それは透視能力、というスピリチュアルなところもあるのかもしれないけれど、発達障害のテストでも人の4倍くらい先が読めることがわかっている。その代わり、起きる前から心配をしてしまい、こうしたほうがいい、とかこうなった場合はこうやって身を守ろう、という思考が先回りしてそれをやりたがる。人に対してもそうだ。それがコントロール欲とつながり、息子にとっては支配されてるように感じてしまう。

まさに瞑想仲間の一人がそのパターンを私に見せてくれるおかげで自分のそのパターンに気がつけた。恩師からのギフトだと思った。

信頼して大いなる存在に身を任せる。

OSHOワールド的にはそういう表現になる。

プロセスワーク的には、プロセスマインドとつながって生きるということ。

 

そう。私一人が自分の条件付けのパターンや不安から何かをしようとしたら視野も世界も可能性もせばまってしまう。もっと広がっていこう。枠を越えて。枠を壊して。

 恩師を思いながらペインティングしたときの絵。

アートという名の瞑想。

 

 f:id:karuna_bliss:20170314020456j:image f:id:karuna_bliss:20170314020525j:image