karuna's story

高機能自閉症スペクトラム。感覚過敏。欧州育ち。サードカルチャーキッズ。シャーマン。カードインスピレーション。夢使い。

「死」が次々とやってくる

アフリカの同級生がもうすぐ亡くなるという話の次は、

先月息子が死んでしまったという電話だった。

 

ちょうど、友人の大学の研究室に打ち合せという名目で遊びに行き、これまでの怒涛のプロセスをひととおり聴いてもらって、そしてお互いが死や生について語っている最中に電話がなった。

携帯の画面に映し出された名前は

すごく久しぶりにみるものだった。

きっと何が緊急事態が起きたのだろうと直感的に思った。

 

「ごめんね突然…息子が死んじゃった〜」

久しぶりに聞いた彼女の泣き声は息子が白血病で1年半の闘病生活の末、亡くなったとつげた。

 

スピリットはそばにいるから。

ひとまずは沢山泣いたらいいよと伝えてきった。

 

人の人生という名の旅は本当に様々だ。

子の反抗期で悩んでから息子が亡くなったという知り合いはこれで2人。

ここ2週間で死についての知らせは3件。

今をちゃんと生きてるかい?と存在に問われてる感じがしてならない。

 

打ち合せのつもりがおしゃべりで終わってしまったのだけど、親友と一番好きなイチゴタルトを食べながらのシェアリングは今必要な時間だった。

生きている者同士、支え合っていくことの大切さ、分かち合える喜びを満喫してきた。

 

 

 

 

 

f:id:karuna_bliss:20170316161629j:image