読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

karuna's story

高機能自閉症スペクトラム。感覚過敏。欧州育ち。サードカルチャーキッズ。シャーマン。カードインスピレーション。夢使い。

深夜のセルフケア 。アートセラピーとトラウマ解放EFT版

ギリシャでの仕事を終えて、帰国。

現実の方が断然難しいし辛い。

 

子どもがますます帰ってこなくなり非行少年のボスに気に入られてしまい帰ってこない夜が増えた。

警察も動いてくれない。

高校生はそんなもん、事件起きてないなら何もできない。という感じ。

 

眠れないので2晩連日、夜中のお絵かき。

 昨日は4枚も描いた。

 

f:id:karuna_bliss:20170506021211j:image

 

母親との関係もストレスMAXで、私は家族という呪いのチェーンに繋がれているようだ。

1人で頑張って変えようとしても家族に引きずり戻される。

この呪縛から解放されるには、相手が死ぬか、自分が死ぬかしかないと小さい頃から思っていた。

たまに追い詰められるとその思考がまた頭を持ち上げる。そして死にたくなる。

 

子どものことは追いかけても仕方ないことは頭ではわかってる。そしてこのこだわりが母親との関係性の傷を投影してることも理解してる。

トラウマは頭で理解しててもハマる時ははまってしまうわけで、心理職のプロとして情けないなぁと思ったりもする。

そしてますます、おい詰まる。

 今晩も2枚。

 

f:id:karuna_bliss:20170506021809j:image

 

頭が痛くなり、もう帰ってこないのも明らかなので風呂に入って寝ることにした。時差もとらないといけないし。

EFTという、感情解放のセルフケアがあるのだけど、それをした方がいいと思った。けど、感情にはまっているとなかなか難しい。

いつもEFTを教えてくれている友人にメッセージを書いているうちに、そこに書いた自分の感情を入り口にEFTのタッピングをやってみた。

 

ポロポロと涙がでてきた。

 

「理解してほしい。私の苦しみと苦労をわかってほしい。ちゃんと認めてほしい。1人で背負わなくていいと言ってほしい。優しくしてほしい。」

「寂しい。苦しい。1人では苦しすぎる。耐えられない。頑張ってきたのに。」

などなど。

そしたらたくさん涙が出てきて…わんわん泣きながらタッピングした。

 

2クール目くらいして、思い切って友人がいつも言ってくれてたみたいに、

「私はそれの感情を感じます。」とか「受け入れます」っていってタッピングしてみた。

かなり抵抗があったけど(^_^;)

 

そしたらなんか少し感じが変わった。

悲しみはあるけど次元がシフトした感じ。

そのまま泣きながらタッピング続けて、
「子供だからわからない。」とか、「親もなかなかわからない。そもそも、わかる人はこの世に少ない。期待してる人ではないけどわかってくれる人はいる。この苦しみを理解できる人がいる。1人じゃない。」

 

などが言葉ででてきて、
また少し苦しいながらも、どこかが楽になって。

次に思い切って友人がいつも言ってくれてたように、
「私は頑張っている。
私は精一杯やっている。
いまの状況は私のせいではない。
必要なプロセスが起きていることを知っている。
OSHOに守られてる。
子どももOSHOに守られてる。

存在やOSHOやおじいちゃんが守ってくれているから1人で背負わなくていい。1人でやらなくていい。手放していい。」

フレーミングが変わっていって。

今すごく落ち着いた。

 

あーやっぱりEFTすごくいいなー。

と再確認。

何よりも、自分でここまで出来たのもすごく誇らしい。

なんとなく、コツをつかんだ気がする。

頭痛いのも少し楽になったから、
寝てみようと思う。

 

タッピングをしてもう1つの気づきは、ギリシャの仕事で葛藤を変容させてもさせても、傷を癒してもその傷の元になるマジョリティの意識は、なかなか、変わらないという絶望感を持ち帰ったのだけど。それと親に理解してもらえない、私のインナーチャイルドが諦めきれない、わかってほしいという願いは叶わないのだろうという絶望感。

どちらも何十年もやってきたのに!というショック。

それが今回死にたいと思ったり、諦めたりする核の部分だったのだろう。

そこの期待は手放さないといけないという理解まではきた。

まだ手放せないけど。

 

このタイミングでこのセルフケアが出来てよかった。

 

行ってきたギリシャの海辺。

 

f:id:karuna_bliss:20170506023335j:image